• HOME
  • 税理士事務所と会計事務所の違い

税理士事務所と会計事務所の違い


会社を経営する経営者にとって、重要な業務の一つが「会計」です。
毎日の収益や支出をしっかりと管理するのは、とても大切なことです。
しかし経営者というのは、非常に多くの業務をこなさなければなりません。
そのため、日々の会計業務を経営者一人が取りまとめることは困難です。
また、会計に関するものは管理の徹底をしていなければ、ミスが発生しやすいものです。

そのような時には、税理士事務所や会計事務所に相談をしてみましょう。
税理士事務所や会計事務所は、財務に関するプロです。
しかし、どちらに相談すればいいのか悩む方もいらっしゃると思います。
こちらでは、そんな税理士事務所と会計事務所の違いについてご紹介します。

 

 

二つの異なるポイントとは?


会計事務所とは?
会計事務所というのは、企業が作成した財務諸表等が適正に表示されているかを証明する業務を行っています。
一方の税理士事務所は、企業のために税務申告書を税理士が作成する業務をしています。
このことから言えるのは、会計事務所は自ら書類の作成を行わず、書類が正しい物であると証明する業務であり、企業の代理として書類作成を行う税理士事務所とは大きな違いがあるのです。
また会計事務所は、コンサルティングといった業務も行っています。
経営に関するアドバイスを行うのが、会計事務所なのです。


税理士事務所とは?
税理士事務所は、税務申告書の他にも様々な申請書や申告書の作成を行っています。
例えば、確定申告や年末調整というのは、税理士事務所で会社に代わって作成をします。
また税理士事務所では、税務代理や税務書類の作成、財務相談を行っています。
そのため税に関するアドバイスを求めるなら、税に関するプロの税理士事務所に相談する方が適しています。




当事務所は、岡山市と倉敷市近隣にて、会社と会社経営者をサポートする税理士業務を行っております。
財務会計の申請書や申告書の作成というのは、複雑な税金に関する知識がなくては作成するのが難しいものです。
また、記入漏れといったミスが発生し、書き直しや提出し直さなければならないという場合も出てきます。
そうならないためにも、財務会計は税のプロである税理士事務所へお任せください。

 

 

岡山と倉敷周辺の税理士事務所なら【竹村高志税理士事務所】
copyright(C) 2014 竹村高志税理士事務所 All Rights Reserved.