• HOME
  • 相続税対策で重要な事

相続税対策で重要な事

多くの方の場合、相続とは人生において1度、もしくは2度あるかないかです。
そのため、相続に関して詳しく知っているという方はそう多くないはずです。
中でも、「相続税」に関して詳しく知っている方は少数かと思います。
しかし、相続税は相続において避けては通れない事柄になります。
そのため、相続税の対策はしっかりとしなければいけません。

 

こちらでは、その相続税対策で重要なポイントをご紹介させて頂きます。

 

 

財源を考える

財源対策は、相続税対策において非常に重要となります。
多くの方が、相続税額をいかに下げるかを気にかけています。
しかし、相続税の減額ばかりを考えていると、相続税を収めることができなくなる場合があります。
現在、多額の預金がある場合は問題ないのですが、そうでないと財源確保を明確にしておく必要がありますので、しっかりと財源対策をするように心がけましょう。

 

 

節税を考える

相続税を減らす節税には、いくつかの方法があります。
その方法には、生前贈与で財産を減らしたり、非課税枠となる生命保険を活用したり、財産評価額を下げることのできる不動産活用があります。
このような節税を考えることは重要ですので、相続前にしっかりと対策を講じることが大切です。

 

 

相続人を考える

相続が発生すると、大なり小なり起きてしまうのが「相続問題」です。
どんなに仲の良い家族や親族であっても、相続財産が絡んでくるとトラブルが起きてしまうことがあります。最悪の場合、裁判に発展するケースもそう珍しくありません。
そのため、相続人をしっかりと考える必要があります。
また、遺産分割方法などを遺言書に記載する事で相続のトラブルを防ぐことができます。
そして、それが相続税対策に繋がるのです。

 

これらのポイントは、相続対策で非常に重要なため、知識として身につけておく必要があります。

 

当税理士事務所では、相続手続などの相続税対策の相談を承っています。
また、法人税に関する相談も受け付けており、岡山や倉敷中心に対応しております。
相続税の対策を講じることは、非常に重要でありますので、相続税対策をお考えでしたら、どうぞ当税理士事務所にご相談下さい。

 

 

岡山と倉敷周辺の税理士事務所なら【竹村高志税理士事務所】
copyright(C) 2014 竹村高志税理士事務所 All Rights Reserved.